カテゴリー別アーカイブ: カラダネタ

肩こり、腰痛、むくみなどなど 体の不調におすすめな施術はどれ?

いろんなカラダの悩みに施術を受けたいなと思っていても、いろんな種類があるので
迷ってしまいませんか?
”何を目的にするか”によって、ベストな施術は変わってきます。
それぞれの特徴をご紹介しましょう!

●カイロプラクティック
カイロプラクティックは整体とは違い、骨盤や背骨などのゆがみを正常な位置に
矯正することができます。
ゆがみは自分ではなかなか改善できないので、資格を持っている整体師が手技や器具で整えてくれます。
体のゆがみが改善されると、肩こりや腰痛といった苦痛も緩和します。

●あん摩
経絡を整えていくためのマッサージです。
東洋医学をもとに、筋肉をもみほぐしながら血行を良くします。
経絡の流れが良くなって、肩こり・神経痛・疲労などを緩和します。
国家資格がなければ施術できないので、本格的なマッサージが安心して受けられます。

●鍼灸
東洋医学の分野の中でも効果が高いとされているのが鍼灸です。
体のさまざまな症状を改善してくれるほか、免疫力を高めてくれます。
鍼は刺されても痛みをあまり感じないほど細い針を使っています。
刺した後も残りません。

●リンパマッサージ
体内の老廃物を排出するデトックスをお望みならこのマッサージです!
デスクワークや運動不足だとリンパが滞っていることが非常に多いです。
リンパの流れを良くすることで、むくみが取れてスッキリ。

●タイマッサージ
全身のあらゆる部位を施術していき、指圧やマッサージなどで筋肉をほぐします。
ストレッチも取り入れて関節などもゆるませて全身のゆがみを整えます。
体をいろんな方向に動かすことで、リラックスした状態に導いてくれます。

●アーユルヴェーダ
オイルトリートメントを行うアーユルヴェーダ。
その人の体質や性格に合わせて薬用オイルのマッサージを受けられるので、
体だけでなく心までも癒してくれるのが特徴です。

「オノマトペ」を痛みの表現に使って診断の一助に

体の調子が悪くなって病院にかかった時に、医者に痛みを伝えるのに
「ピリピリ痛い」とか「ズキズキする」といったオノマトペ(擬音語・擬態語)を
使って説明した経験は誰しもあるかと思います。
そのオノマトペと実際の診断には一定の関係性があることが、患者への実態調査で
明らかになったそうです。

把握しづらい患者の痛みを、的確な判断につなげるためのツールとして注目されそうです。

調査は言語学を専門とする竹田晃子氏(元国立国語研究所特任教授)と、痛みの臨床研究で
知られる小川節郎・日本大学総合科学研究所教授が行いました。
平成25年にインターネットで、頭痛や腰痛などの慢性痛に悩んで通院経験のある
およそ8100人を対象にアンケートを実施しました。
病院に受診した際に、痛みをどのようなオノマトペで説明したかを回答。
また、その時の医者とのコミュニケーションの様子などについてもアンケートを取りました。

その結果、最も多く使われたのが「ズキズキ」(671人)。
片頭痛、肩関節周囲炎、頸椎症、坐骨神経痛など、15に及ぶ病気で広く使われていました。

逆に、特定の診断名に関連したオノマトペも発見できました。
「ガンガン」は、血管の炎症によって起こる片頭痛などの頭痛に、「ギシギシ」「ゴリゴリ」は
関節リウマチなどの関節の痛みに表現される傾向が強いとのこと。
「ピリピリ」「チクチク」は、帯状疱疹後神経痛などの神経の痛みに使われる傾向です。

オノマトペの語形は、言葉の繰り返しや、「ン」を多用するといった構成が特徴。
体の痛みも、母音や子音の違いで感覚的に区別して表現しているとされています。

竹田元特任助教は、「診療の際には患者さんは緊張して、オノマトペが使いにくいようです。
医師側で積極的にオノマトペを使うことで、問診をスムーズにできるのでは。」

としています。

ネガティブでカラダに痛みが?ココロとカラダの不思議な関係

なかなか治らない腰の痛み。
特に原因が思い当たらないのに首が痛い。
もしかしたらそれは、心の不安が引き起こしているのかもしれません・・・。
カラダと心は密接な関係にあります。
ネガティブな思考は体の不調にも繋がるのです。

喜びや悲しみなど、人間の感情はさまざまです。
この感情は体にも直接影響を与えます。

人が幸福を感じているとき、脳からはセロトニンやドーパミン、オキシトシンが分泌されます。
ストレスを感じた時はコルチゾールが分泌されます。
このように、感情によって分泌される化学物質が変わるのです。

ポジティブな感情は体の内面を変化させて健康にします。
逆にネガティブな感情は自分自身を傷つけ不健康になってしまいます。
どんな時のどんな感情が体のどの部分に影響を与えるのかをご紹介しましょう。

<首の痛み>
変化に適応したくない時、身動きが取れない状態にある

<肩の痛み>
日常を楽しめていない時

<肘の痛み>
新しいことに挑戦する恐れを持っている時

<手首の痛み>
動きづらいと感じている時

<背中上の方の痛み>
誰からも愛されていないと感じる時

<背中の真ん中付近の痛み>
罪の意識を感じている時

<腰の痛み>
お金の心配がある時、誰からも助けられないことに対して不安な時

<お尻の痛み>
今のまま進むことへの恐れ、前に進みたくない時

<膝の痛み>
エゴや自尊心が強く、自分の考えを曲げられない時

<足にできる腫れ>
人生を楽しめていないと感じている時

<足首の痛み>
罪の意識からストレスを感じている時

体に痛みを感じているときは体が安らぎを求めているサインなのかもしれません。

体の不調を招く悪習慣とは

歳を取っても健康で過ごすことはとても大切ですよね。
『年をとるほど健康になる人、なれない人 薬剤師が教える 薬を飲まない「ずくなし」健康法』
の著者である村上百代さんは約30年に渡って、漢方薬・生薬認定薬剤師として
活躍しています。
村上さんによると、毎日はつらつと過ごすのは実は難しいことではないそうです。
村上さんによる、健康でいられなくなる生活習慣をみていきましょう。
続きを読む

『20万人の腰痛を治した!背骨コンディショニング』

『20万人の腰痛を治した!背骨コンディショニング』(アチーブメント出版)という
著書がベストセラーになっているそうです。
著者である日野秀彦さん(50)は、日本最大のスポーツクラブの第一期フィットネス
ディレクターとしてアスリート、フィットネス、不定愁訴改善等のさまざまな運動
プログラムを開発後、「背骨コンディショニング」を考案。 続きを読む

いまどんどん増えている「スマホ巻き肩」!

肩の周辺がだるい気がする、肩がこる、頭が痛い、めまいがする、腰が痛いなどの症状。
もしかしたら「スマホ巻き肩」かもしれませんよ?!

「スマホ巻き肩」とは、スマホを操作するときにとっているうつむきがちな姿勢を
長い時間続けることで、神経が圧迫されて起こるもの。 続きを読む

脳がストレスから逃げるために起こる腰痛・肩こり

腰痛の原因の一つに心理的なものも関係していることがあります。

体にストレスが過剰にかかると、脳がパニックを起こしてしまいます。
すると、脳はストレスから目をそらそうとし、腰や肩への酸素供給量を減らすそうです。
すると、痛みや不快感が起きるというのです! 続きを読む

ドイツの老舗・マリエン薬局から「IRIS2肩こり・腰痛用ローション」販売開始

日本の国民生活基礎調査でも、男女ともに腰痛や肩こりの自覚症状がある人が
多いという結果が出ています。
パソコンやスマホの普及によって、さらに肩や腰に負担がかかっていると言えます。

ドイツは現代医学の先進国で、ホメオパシーやアロマテラピーなどの民間療法の歴史もある国です。
そのドイツで150年以上の歴史を持つのが、マリエン薬局。
マリエン薬局から2015年4月1日から発売されたのが、「IRIS2肩こり・腰痛用ローション」です。 続きを読む

腰痛・肩こりをなくせるデスク?立って仕事ができるデスク「Elevate」

長時間のデスクワークは体にダメージを与えるという研究結果が多く出されています。
腰痛や肩こりの原因になるのはもちろん、心臓病や糖尿病のリスクも高まるんだとか。
このリスクを避けるために、アメリカなどでは立って仕事をするスタイル
徐々に浸透してきている
んだそうですよ。

「Elevate」は立って仕事をするように設計されたスタンディングデスクです。
既存の机やテーブルの上に置いて使うタイプです。 続きを読む