月別アーカイブ: 2015年8月

肩こりの解消には肩関節の柔軟が大切

肩がこると、肩の筋肉をほぐしたくなりますよね。
じゃあ、「肩」の部分とはいったいどこでしょう?

ほとんどの方のイメージでは、肩たたきをする時にトントンするあたりを
思い浮かべるのではないでしょうか。
ですが、その部分だけをいくらほぐしても肩こりの解消にはつながらないのです。

肩こりがひどくなると、肩におもりが乗っているような感覚になったり、肩が思うように
動かず鉄板が張り付いているような感覚になったりしませんか?
そのような場合、肩の関節が動きにくくなっているのです。
なので、肩の筋肉ではなく肩の関節を柔らかくすることで肩こりを改善しましょう。

運動としては肩関節を意識しながら動かすこと。
腕を枕にして横向きに寝ころびます。
そこから反対の腕の手の甲を天井へ向けたまま、身体の前を通りながらゆっくりと頭の上まで移動して、また戻します。

次に腕を大きく回旋させます。
前回しと後ろ回しをそれぞれ10回ほど行いましょう。
このときに、腕を大きく回すことを考えて欲しいのですが、肩を特に多きく動かしているイメージで行うと効果的です。

肩に限らず、関節を柔軟に保つことが健康の基本。
関節の可動域を広くしてやることで健康のために良くなるのです。

腰痛に効くアロマテラピー

腰痛に悩む日本人はここ数年でどんどん増えていて、1000万人を超えていると
言われています。
これは日本人のおよそ10人に1人が腰痛持ちだということ。
普段の生活で感じる自覚症状も、男性で1位、女性で2位が腰痛なのです。

こんな日常の痛みに対してもアロマテラピーが効果を発揮してくれると
言われています。
痛みと言ってもさまざま、筋肉の緊張による痛み、炎症に伴った痛み、
血流の障害による痛みなど、タイプはいろいろです。

腰痛は同じ姿勢を長時間とっていることで、背中から腰にかけての筋肉の
血流が滞って、疲労物質が溜まってそれが痛みとなるのです。

腰痛に効くアロマテラピーとしては、血管を拡張して血流を促す作用や、
筋肉の緊張をほぐす作用のある精油を使用します。
このような効果があるのは、カモミール・ローマン、ラベンダー、ユーカリ、
ローズマリー、クラリセージなど。

特におすすめなのはローズマリーです。
ローズマリーはすっきりとした香りと血行を良くする作用もあって、
腰痛にはおすすめなんです。
使い方は、オイルマッサージやアロマバスなどありますが、おすすめなのは温湿布。
ぬるま湯に精油を1・2滴たらして、きれいなタオルをつけて絞り、
10分ほど患部に当てるだけと、とってもカンタンなんですよ!

是非お試しください。

腰痛に良いとされていた常識が覆る?!

ストレッチやマッサージをしても、整体に行っても一向に改善が見られない辛い腰痛。
もう慢性化してしまって、仕方がないと治療をあきらめてしまっている人もいるのでは?

「病院でよくならなかった人のための整体院」として誕生した川井筋系帯療法治療
センターで、長年腰痛患者の治療を行っている川井太郎さんの著書
『腰痛が治るのはどっち?』(学研パブリッシング/刊)では、腰痛の改善に効果的と
されている運動や生活習慣が、実は逆に症状を悪くする可能性があると指摘しています。

腰痛の治療で一番大事なことは「腰痛の原因は何か」を知ることです。
現代ではインターネットでいろいろな情報がすぐに調べられることもあり、
自己診断で勝手に原因を決めてしまい、症状の悪化を招くことも多くあります。

最も怖いのは「腰痛=筋肉や骨格の問題」という思い込みで、実は内臓系の病気から
きている腰痛を見逃してしまうことです。
まずは整体やマッサージではなく、病院で受診して、腰痛の原因を探るのが一番と言えます。

また、腰痛になるということは腰が弱いから、という通説もあります。
これも鵜呑みにしてしまっては危険。
腰の弱さで腰痛になっているのであれば筋トレは有効ということになりますが、
実は筋トレは腰痛への効果は薄いどことか悪化させてしまうこともあるのだとか。
腰痛の根本は「体のゆがみ」
体のゆがみには、筋トレのように筋肉に力を入れるのではなく、筋肉を緩めてやるのが
必要なのです。

「皿回しエクササイズ」で肩こりも解消

長時間パソコンやスマホを使っていると、肩や首がこってつらいですよね。
ガチガチになった肩を簡単に解消できる方法はないか、とお探しの方も多いでしょう。
そんななかオススメなのが「皿回しエクササイズ」です。
手のひらにお皿が乗っているように、手のひらを動かすのがポイントのエクササイズです。
肩や首のこりだけではなく、いろんな効果も得られるそうですよ。 続きを読む