月別アーカイブ: 2015年9月

どんなカバンでも肩こりのリスクが?!正しいカバンの持ち方とは

荷物が多いと必然的に大きく重くなるカバン。
肩に負担がかかりにくいカバンの持ち方とはどのようなものなのでしょうか?

肩こりは、背骨と背骨の間にあるクッションの役割の椎間板が、首の姿勢の悪さに
よってゆかんでしまうことによって起こるとされています。
ゆがんだ椎間板を守ろうとして。首から背中にかけて広がる僧帽(そうぼう)筋などの
筋肉が過度に緊張することで、肩こりが起こってしまうのです。

カバンを持つときに、左右のバランスが悪いと肩こりになるとよく言われますよね。
でも実は、両肩にかけるリュックサック型のカバンを使う人でも肩こりになる場合もあるのです。
これは前後方向の姿勢が原因になっているためです。
重い荷物を背負うと後ろに引っ張られて、バランスを取ろうとして首が前に出る姿勢に
なっていしまうからなのです。

肩こりの危険性が最も高いのは、ショルダーバッグ型のバッグだといいます。
カバンが肩から落ちないように左右のバランスを取ろうとする動きに気を取られて、
知らず知らずのうちに首が前に出た姿勢になっていることが多いのです。

このように、どのタイプでもカバンを使う時には首の位置を気にすることが大切と言えます。
あごを引いて胸を張った良い姿勢を保ちましょう!

体の不調を招く悪習慣とは

歳を取っても健康で過ごすことはとても大切ですよね。
『年をとるほど健康になる人、なれない人 薬剤師が教える 薬を飲まない「ずくなし」健康法』
の著者である村上百代さんは約30年に渡って、漢方薬・生薬認定薬剤師として
活躍しています。
村上さんによると、毎日はつらつと過ごすのは実は難しいことではないそうです。
村上さんによる、健康でいられなくなる生活習慣をみていきましょう。
続きを読む

腰痛持ちに最適なベッドとは?

朝起きると腰が痛い・・・という方も多いのではないでしょうか?
そういう時は、ベッドを見直してみた方が良いかもしれませんよ。

ベッドに使われているマットレスにはいろんな種類があるのですが、
一般的に普及しているのは、「ボンネルコイル」と「ポケットコイル」の2種類です。
その特徴を見てみましょう。

【ボンネルコイル】
コイルがすべて連結していて、床に布団を敷いたような少し硬い寝心地が特徴です。
身体を面で支えます。
面が硬いので、寝返りを打ちやすく身体も安定します。

【ポケットコイル】
コイルが円筒型の袋に入っていてそれぞれが独立しています。
身体にかかる負担が全体的に少なくて、無理のない姿勢で寝ることができるのが特徴です。
肩やお尻など体重がかかる部分が沈んで、柔らかい寝心地です。

腰痛でお悩みの方におすすめなのが、ボンネルコイルです。
それはなぜかというと、腰痛を引き起こす体勢は、前かがみや後反りなど。
ポケットコイルの柔らかいベッドだと、これに似た体勢になってしまうからです。

ボンネルコイルは面が硬くて寝返りも打ちやすいので、腰痛の方にはとても良いんです。

近年ではボンネルコイルとポケットコイル両方のいいとこどりのマットレスも
登場しているそうです。
ポケットコイルの持つ寝心地の良さと、ボンネルコイルの持つ硬さで体全体を
支えるような製品です。

このようにコイルの選択の幅も広がっているので、自分に合ったマットレスを
探してみるのも良いですね。