どんなカバンでも肩こりのリスクが?!正しいカバンの持ち方とは

荷物が多いと必然的に大きく重くなるカバン。
肩に負担がかかりにくいカバンの持ち方とはどのようなものなのでしょうか?

肩こりは、背骨と背骨の間にあるクッションの役割の椎間板が、首の姿勢の悪さに
よってゆかんでしまうことによって起こるとされています。
ゆがんだ椎間板を守ろうとして。首から背中にかけて広がる僧帽(そうぼう)筋などの
筋肉が過度に緊張することで、肩こりが起こってしまうのです。

カバンを持つときに、左右のバランスが悪いと肩こりになるとよく言われますよね。
でも実は、両肩にかけるリュックサック型のカバンを使う人でも肩こりになる場合もあるのです。
これは前後方向の姿勢が原因になっているためです。
重い荷物を背負うと後ろに引っ張られて、バランスを取ろうとして首が前に出る姿勢に
なっていしまうからなのです。

肩こりの危険性が最も高いのは、ショルダーバッグ型のバッグだといいます。
カバンが肩から落ちないように左右のバランスを取ろうとする動きに気を取られて、
知らず知らずのうちに首が前に出た姿勢になっていることが多いのです。

このように、どのタイプでもカバンを使う時には首の位置を気にすることが大切と言えます。
あごを引いて胸を張った良い姿勢を保ちましょう!