PCとスマホを長時間使う女性は100%肩こり持ち?!

パソコンの長時間の作業は肩こりを引き起こすことはよく知られていますが、
それに加え、スマホの利用時間が長い方が肩こりの割合が高いことがわかりました。

ファミリーイナダ株式会社の「肩こりの実態調査」によると、肩こりの自覚症状が
あるという人の割合は58.9%。
男性が47.6%なのに対し、女性は70.2%を占めていて、女性の方が肩こりを自覚している
ことがわかります。
そしてスマホの利用時間と「肩こり率」(自覚症状あり率)の項目では、
3時間以上利用している人が71.2%。
そのうち、女性の肩こり率は84.6%でした。
PCに加えてスマホもそれぞれ3時間以上使用している人の「肩こり率」(自覚症状あり率)は、
全体では73.8%で、女性は100%が自覚症状ありと回答しています。

つまり、1日にPCとスマホ両方をそれぞれ3時間以上使用している女性は、
ほぼ全員が肩こりに悩んでいるということになるのです。

肩こりの多くは、肩甲骨周りの筋肉の疲労。
肩甲骨周囲の筋肉は、就寝中には休んでいて、起きるとともに活動を始めます。
PCやスマホを扱っている時間はずっと働き続けていることに。
このため、作業時間が長くなると筋肉の疲労が溜まって肩がこります。

作業を数時間行ったら筋肉をほぐしたり動かしたりして、血流を改善することや、
普段から肩甲骨まわりを使うような運動を行いましょう。