調査でわかった腰痛が軽減されたときのメリット

9月10日に、オークローンマーケティングが腰痛に関する調査結果を発表しました。
調査期間は8月14日から3日間、腰痛の経験がある20代~60代の男女300人に
インターネット上で行われました。

全回答者の中で、腰痛を和らげるための方法を実践した人のうち、「効果があった」
または「やや効果があった」と回答した123人を対象に調査を行いました。

腰痛が軽減したあとの身体と心の変化について質問すると、”身体の変化”では
「寝相が良くなった」(26.8%)が一番多く、次に「体重が減った」(25.2%)でした。
腰痛が和らぐと、その4人に1人が寝相が良くなることと体重減少という変化を
感じたことがわかりました。

また”心の変化”では、「気持ちが明るくなり前向きになった」(64.2%)、
「アクティブになった」(52.0%)が回答者の半数を超えて、腰痛が軽減されると
身体も心にも良い影響が出るという結果が得られたのです。

現在の腰痛の有無については、「現在腰痛がある」と答えたのは30代の58.3%、40代の55.0%、回答者の半数を超えました。
一方、50代は43.3%、60代は25.0%と半数以下にとどまり、年配者よりも30代、40代の方が現在の腰痛率が高いことがわかったといいます。

普段の運動の頻度では、全回答者300人のうち、「月1回以上運動をしている」人は50.3%、
「普段運動をしていない」人は49.7%でした。
その上で、運動の頻度別に腰痛の状態を比較。
すると、月1回以上運動をしている人は「軽減した」もしくは「やや軽減した」と答えた人を合わせると65.6%にのぼりました。
一方で、普段運動をしていない人は「軽減した」と「やや軽減した」を合わせると57.7%となったのです。
運動をしないよりも運動をしている方が腰痛が軽減していることが明らかになったといいます。